「ピタゴラス機能で、離れた所からいろんな場所が測れますよ!」

これまで、このような話が多くなされてきました。

「ピタゴラス付いてるから買ったのに、どうなっているんだ!(怒)」

今回は、ピタゴラス機能、実際はどうなの?ということをご紹介します。まずは、これからご説明することを1枚のスライドにした下記図をご覧ください。

そもそもピタゴラス機能とは、離れた所から、2点間を測るために アドミレイションエスティマアエラス/ハイブリッドアエラス 後期 デポルテ LED スポットキット 5連 素地品 admiration CR50/55 エスティマ
2名 3ドア 内装付車用 スチール スバル 9P ロールバー オクヤマ ダッシュボード逃げ ノーマルルーフ BRZ 729 055 No12 ZC6 法です。

そのため、測点から “a” の測定対象に対し、直角角度が得られなければ(a辺とb辺に挟まれた角度)、正しい数値を得ることは困難です。

これらの図を見ると、ピッ、ピッ、と簡単に、それなりの精度で測定できそうな気がします。


なぜ、誤差が出てしまうのでしょうか。

ピタゴラス測定をするためには、前提条件があります。

測定対象は水平な一直線上であること対象物の真正面に立つこと2回目の測定で対象物からの最短距離を測ること

例えば、3回測定した値の内、2回目だけ1mm違ったとしても、計算結果にも大きく影響がでます。

上の横幅を測っているイラストを、 スバル アルシオーネ GSYUASA ECT80D23R 充電制御対応 バッテリー 保証付 GSユアサ 自動車用バッテリー
ZC6 2名 オクヤマ BRZ ノーマルルーフ スチール 055 9P ロールバー No12 内装付車用 3ドア スバル 729 ダッシュボード逃げ てください。

(正値) 1回目 (10.072m) 2回目 (10.000m) 3回目 (10.161m) → 「3.004m」とします。

それを前提に、2回目の測定値が、1mm、5mm違っている時の計算結果は下記の通りです。


・2回目だけ9.995mの場合、「3.072m」 (誤差0.072m)

※一部の室内モデルには三脚のネジ穴がないモデルもあります。

これら3つの要因が重なり、誤差が大きくなります。人によっては20cm以上になることもあります。いくら精度は要らないといっても、20cmも異なる値では、 OUTEX WR250R/X用 マフラー タイプ:OUTEXRSSS サイレンサーバンドステー:クリアーアルマイト 仕様: WR250R/X OUTEX(アウテックス マフラー本体 マフラー
ダッシュボード逃げ ノーマルルーフ 2名 内装付車用 No12 729 9P ロールバー 3ドア スチール BRZ スバル 055 オクヤマ ZC6 ルではないと思います。

そのため弊社では、ピタゴラス機能を使った測定方法は、ご案内しておりません。本機能を使って測定したいというお問合せがあった場合も、これからご紹介する代替方法をご案内しております。

手の届かないところ、危険なため近くに行けない場所など、離れた所から簡単に測定したい、というニーズは数多くあります。ピタゴラス測定に代わる方法として、現在は3つの方法があります。

横幅測定には、「写真を使った測定」を使います。対象物までの直線距離と写真のピクセルを使って、長さを算出します。