■第2章:エネルギー代謝

4.ATP(アデノシン三リン酸)って何やねん?

さて、このATPは筋肉繊維や内臓に存在し、第2章|3でお話したプロセスによって筋肉収縮エネルギーとして活躍しますが、その量はそれほど多くはありません。

最大筋収縮を約2~3秒間も維持すれば消失してしまうレベルです。
今あるATPだけでは15mほども全速力で走れば切れてしまう程度しかないのですね。

Wikipediaによれば、「哺乳類の骨格筋100gあたり 0.4 g 程度存在する」とあります。
(その根拠は未確認。この反応の自由エネルギー変化量と運動消費エネルギーから逆算すれば、数値の妥当性は判断できるでしょうが・・)

極めて少量のATPを次々と使っていては、すぐに欠乏してきますから、 エネルギーを使い続けるためには常に再合成され続けなければならない という宿命にあります。

そのATPの合成には3つのルートがあることを知っておいてほしいのです。
巷でよく言われる 「有酸素運動」「無酸素運動」 の違いこそ、このルートの違いに他なりません。

ですから、この部分を理解していないと、 「有酸素運動」「無酸素運動」 を誤解してしまうことになり兼ねません。

3つのルートとは、

  1. ATP-CP代謝系(リン酸代謝)
  2. 解糖-乳酸代謝系
  3. 好気性代謝系(酸化的リン酸化代謝)

の3つであり、 全てそれぞれの器官の細胞内で行われます。

各ルートの説明の後にまとめたフロー図で一挙に整理がつくはずですから頑張って下さい。

① ATP-CP代謝系(リン酸代謝)

ATP合成酵素 の働きによって、筋繊維や内臓筋に存在する CP(クレアチンリン酸) を使って、ADPからATPを再合成するルートがあります。
これを、 「ATP-CP系」 と呼びます。