オクヤマ ロールバー 829 219 1 アルミ ダッシュボード貫通 9P No12 2名 ホンダ シビック EP3 3ドア ノーマルルーフ

オクヤマ ロールバー 829 219 1 アルミ ダッシュボード貫通 9P No.12 2名 ホンダ シビック EP3 3ドア ノーマルルーフ

3、トップ・オブ・ザ・ロックの観光の手順

トップ・オブ・ザ・ロック展望台に行くには、チケットを購入し、順序に従ってエレベーターで上がるだけで素敵な景色が待っているのですが、日本語も通じないところでの観光は必ず事前に入場の流れなどの確認をしておくことをおすすめします。

ビルへの行き方&入り口

ロックフェラーセンターへの行き方

地下鉄で行く場合は、いくつかの最寄りの駅があります。

最寄りの駅:
B,D,F,M 線 「47-50th St. Rockefeller Center」駅
(トップ・オブ・ザ・ロックまで、徒歩数分です。)
E 線 「5 Av/53 St」駅、N,Q,R 線 「49 St」駅
(トップ・オブ・ザ・ロックまで、徒歩6分ほどです。)

トップ・オブ・ザ・ロック展望台への入り口

50丁目の5番街と6番街の間にトップ・オブ・ザ・ロックの入り口があります。

エントランス:50th Street (between 5th and 6th Avenues.)

当日、入場から展望台までの流れ

  1. チケット売り場&窓口へ行き、チケットがない方は購入します。
    シティパスの方は、トップ・オブ・ザ・ロックのチケットに交換します。
  2. チケットの準備ができたら、セキュリティチェックを通過し、進行方向へ進みます。
  3. 展望台までは高速エレベーターで67階まで一気にのぼります。
    エレベーターの中でもアトラクション体験ができるので見逃さないでくださいね!
  4. 67階からはエスカレーターで69階までのぼります。
    70階は、ガラスの壁がないので写真撮影をするならやはり70階がオススメです。
  5. 展望台では、何時間でも滞在可能です。
    ニューヨークをこれでもかっというほど、堪能してくださいね!

人気の記事



15インチインプレッサGD系 セダンAXEL アクセルスポーツ S12 マットブラック 60Jx15NANOエナジー 3プラス 195/65R15 スバル インプレッサ(GD系 セダン2000〜2007
829 アルミ 1 No12 ノーマルルーフ 3ドア 219 EP3 9P ホンダ シビック 2名 ダッシュボード貫通 ロールバー オクヤマ 無かったのですが、今日は久々に買付紀行の続編です。

また、ブランド服の古着などはかなりの掘り出し物もあります。英国のストリートブランド等、カジュアルな服もお安く出ているので、私たちもそうなのですが、好きな方は楽しめるかと思いますよ♪

ここで、ちょっとしたアクシデント発生。私たちが見ていた本を売っているストールが、前日の雨の重みでテント部分が倒れ、屋根ごと降りかかってきました。運よく避けれたものの、危ういところでした…

HURRICANE クォーター4型 ハンドルセット(クロームメッキ CB1300SF HURRICANE(ハリケーン ハンドル関連パーツ ハン…
ジア系の若い女の子たちも、素手でこちらをぺろりと平らげていました☆

まずはロンドンのマーケットといえばおなじみのポートベロー・マーケットへ。有名なだけあってお品は少々お高めですが、質も高いものが多いです。

マーケットに着いてしばらくぶらぶらしている間に大分暗くなりましたが、夜でも雨でも関係なく、マーケットはすごい賑わいです。

今回は買い付けてきませんでしたが、アンティークスタンプなんかも専門のお店がいくつかあって、色んな種類が見れますよ♪

乗車する鉄道の切符を買うのですが、ここが重要。イギリスの鉄道は比較的乗車賃が高く、しかも料金体系がとても複雑なのです。

切符を買ったら、乗車時間の大体10分前には乗るプラットフォームが掲示板に表示されます。

アンティークフェアは駅から少し離れた、広い牧場を使った野外で開催されており、駅からはシャトルバスが出ています。

前回・2008年版の買い付け日記を見てくださった方から、お店で「ブログの日記見ました!」というお声も今までたくさんいただいており、とても嬉しいです☆

月木レーシング ツキギレーシング TR エキゾーストシステム スリップオン マフラー SUZUKI GSX1300R HAYABUSA ハヤブサ マフラー 月木レーシング
シビック 3ドア ノーマルルーフ アルミ 829 No12 EP3 ホンダ ダッシュボード貫通 2名 219 9P オクヤマ 1 ロールバー ら成田空港での乗り継ぎ便です。こちらは出発前の成田空港です。

そして到着!約2年ぶりとなるイギリスの地へ降り立ちました。

イギリスの入国審査は他の国に比べても厳しい事で有名ですが、普通は問題なく入れますのでご心配なく。

[email protected]@!