〔DAYTONA/デイトナ〕アップリヤフェンダーテールランプ KLX バイク用品/車体&足回りパーツ/車体&足回りアクセサリー SWELLFLOW

〔DAYTONA/デイトナ〕アップリヤフェンダー・テールランプ KLX                                                                                                                             バイク用品/車体&足回りパーツ/車体&足回りアクセサリー

自動運転につながっていく技術として「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」という機能があります。今後クルマを買うときには必ず検討したい機能の一つです。

自動運転を先取りし、自分自身はもちろん大切な家族や同乗者の安全性を高めるこのACCとは、いったいどのような機能なのでしょうか。

アダプティブクルーズコントロール(ACC)とは

ACCの基本

アダプティブクルーズコントロールは、前を走っているクルマを検知できるクルーズコントロールのこと。

そもそもクルーズコントロールとは

 

アダプティブクルーズコントロールの前に、そもそもクルーズコントロールとはなんなのでしょうか。 クルーズコントロールとは、一定の速度でクルマを走らせる機能。 例えば時速60kmに速度を設定した場合、ドライバーがアクセルを踏まなくても時速60㎞で走ってくれるわけです。

このクルーズコントロールは、フリーウェイ(高速道路)での長距離走行が多かったアメリカで普及が進んだ機能。日本ではこれまで高級車のみに一般的だった機能ですが、アメリカでは廉価なモデルでも装備されています(アメリカでレンタカーをすることがあればチェックしてみてください)。

クルーズコントロールは、上り坂や下り坂などに差し掛かり、そのままでは設定した速度が維持できない場合でも、オートマチック車であれば自動的にギヤを下げて速度を保とうとします(マニュアル車の場合は自動的にギヤを下げることはしません)。オートマチック車でも、マニュアル車でも、実際の速度が設定した速度から大きく離れてしまった時点で機能がキャンセルされてしまいます(例えば時速60㎞に設定をして、実際の速度が時速50㎞や70kmになってしまった場合)。

初めての中古車見積もり

レイケム(Raychem 収縮チューブ V2 タイコ エレクトロニクス V216 50m 黒 電気材料(電材
KLX テールランプ 〔DAYTONA/デイトナ〕アップリヤフェンダー バイク用品/車体&足回りパーツ/車体&足回りアクセサリー SWELLFLOW

(送料無料(代引不可アイクールiKOOLトレルーノ自動水栓シングルセンサー他の商品と同梱不可 簡単着脱可能な自動水栓



フィールドレベルからITプラットフォームまで一連の情報伝達/ワイヤレスネットワークはマテリアルフローを最適化します

今年シュトイテのワイヤレス部門は、始めて展示会LogiMATに出展します。弊社は、伝送ケーブルではなく無線によって通信するスイッチを幅広く開発・製造しています。無線技術を使うことにより、スイッチの取り付けは容易になり、ケーブルキャリアやスリップリングなどの磨耗品を使わなくて済むことが多くなります。スイッチとレシーバーユニットの間で交わされる通信は、安定した、\.

展示会SPS IPC Drivesを振り返って / sWave.NETの封切り:ネットワーク・コンパチブル・ワイヤレススイッチ

過去最多の出展者(1,666社)と訪問者(64,386人)。SPS IPC Drives\.

既存のITプラットフォーム ドライブレコーダーDrivemanドライブマンGP1スタンダードセット3芯車載用電源ケーブルタイプGP1STD 高画質2Kで駐車中録画。用途にあわせて設定自由。
バイク用品/車体&足回りパーツ/車体&足回りアクセサリー KLX 〔DAYTONA/デイトナ〕アップリヤフェンダー テールランプ SWELLFLOW sWave.NET: ワイヤレススイッチとワイヤレスネットワーク


「ワイヤレス過酷環境」のプログラ HURRICANE ナロー4型 ハンドルセット(クロームメッキ CB1300SB HURRICANE(ハリケーン ハンドル関連パーツ ハン…
KLX SWELLFLOW テールランプ 〔DAYTONA/デイトナ〕アップリヤフェンダー バイク用品/車体&足回りパーツ/車体&足回りアクセサリー 境向けワイヤレスポジションスイッチと誘導センサー

弊社の「過酷環境」は、展示会SPS\.


Medica 2015: シュトイテ メディテクのメディカへの出展/近年のテクノロジーのトレンド、「相互運用性」:2つの医療機器を1つのインターフェイスで

今年の展示会MEDICAでは、シュトイテ・メディテクは(近い)将来、手術室内の医療機器やユーザーインターフェイスなどがどのようにネットワーク化されるのかをご紹介します。2台の医療機器 −例えば超音波破砕器1台と外科用顕微鏡1台−\.

[email protected]@!