ARENA

MUSIC GENRE : HARD DANCE MUSIC

<GUEST>
Geck-o [NED]
DJ WILDPARTY

<RESIDENT>
YOJI BIOMEHANIKA
REMO-CON

<VJ>
REZ

<DANCER>
東京夜蝶倶楽部 feat KAGUZUCHI
-AGEHA PERFORMANCE CREW-


<LIGHTING>
MIURA

GUEST – Geck-o

Geck-Oは冒険的なDJ、プロデューサーで、ハードなダンスミュージックを創造的にミックスしている。彼はハードスタイルの音楽を背景に、インスピレーション導かれるまま、音の境界を探求し、大胆に交差させる。Geck-Oが目指すのは、さまざまな音楽的色彩、テクスチャ、風景を楽しめる音楽であり、彼のエネルギッシュですがすがしい独自のスタイルは、今日まで数多くのフォロワーを獲得している。Defqon.1オランダオーストラリア、トゥモローランドとダンスバレー、Freaqshow、Hard Bass、QULTなどの室内イベントへ出演を重ねるGeck-Oのプロダクションとステージパフォーマンスは、強烈で、神秘的で、先進的で強力。分類が不可能なほど多彩なディスコグラフィーには、「What’s We Are」「Wappie Love」「Ask Yourself」「Soul Train」「A New Wave」などの作品を見ることができ。それぞれがユニークな雰囲気と感情を持っている。更に、彼自身のコンセプトThe Funky Catを立ち上げ、毎月のQダンスラジオでのショーを主催し、パーティーのオーガナイズにも取り組んでいる。Geck-Oの音楽は、感情を刺激する経験である。
Web site : http://geck-o.nl/
Facebook : https://www.facebook.com/geckoNL
Soundcloud : https://soundcloud.com/geckonl

Guest – DJ WILDPARTY

18歳でキャリアをスタート。当初のブレイクコアから徐々にジャンルの幅を広げていき、頭角をあらわしていく。
DOMMUNEのプログラム『MP3 KILLED CD STARS』出演時に、エレクトロ、ヒップホップ、アイドルポップ、アニソン、ゲーム音楽、ブレイクコア、歌謡まで貪り尽くすウルトラ・ボーダーレスなDJを披露し一躍注目を集める。2012年に自身の初メジャーリリースとなる『MOGRA MIX VOL.1 mixed by DJWILDPARTY』をEMIよりリリース。7月にはLAで開催されたANIME EXPOに出演。2000人のオーディエンスをロックし大きなニュースとなった。その後、覆面ユニット、OL Killerに電撃加入を果たし、FUJI ROCK FESTIVAL 2012に出演。香港で開催された秋葉東京や上海で開催されたボカロフェスに参加するなど、その活動を世界へと広げている。
これまでにPorter Robinson、DIGITALISM、SIDNEY SAMSON、石野卓球、RASMUS FABER、DJ JIN(RHYMESTER)、☆TAKU TAKAHASHI、flipside、川田まみ、ALTIMA、Lyrical school、私立恵比寿中学など、文字通りジャンルレスにグローバルにアーティストとの共演を実現。現在は日本最大級のクラブ、ageHaのメインアリーナを務めている。
Facebook : https://www.facebook.com/djwildparty
Twitter : https://twitter.com/DJWILDPARTY
Soundcloud : https://soundcloud.com/shot-bass-records
聴き手の価値観を押し広げ、新しいジャパン・ カルチャーの伝道師になることが期待される若手1の超新世代 として大きな注目を集めている。

Resident – YOJI BIOMEHANIKA

YOJI BIOMEHANIKAはミレニアムの到来と共にその活動をグローバルに拡張。自身のオリジナル・ビッグ・アンセムと唯一無二のステージプレゼンスを武器に、オランダ/イギリスを中心に西欧州、ロシア/ウクライナを含む東欧州、米国、シンガポールやマレーシアなどのアジア圏などほぼ全世界に渡ってサーキットを繰り広げ大ブレイク!!MYSTERY LAND、DEFQON-1、DANCE VALLEY、TOMORROW LAND、IN QONTROL、EDC、TRANCE ENERGY、CREAMFIELDS、GROBAL GATHERING他数えきれないほどの数多の巨大フェスに降臨、かのSENSATION BLACKにおいては二年連続のヘッドライナーに大抜擢。その結果DJ MAG TOP 100においては日本人としては前人未踏の最高位32位をマーク。また英国のHARD DANCE AWARDではクラウン!’13年にはOUTSTANDING CONTRIBUTIONS賞の栄誉にも輝いた。コアなハードダンスミュージックを世界的マーケットにまで押し上げたその貢献は音楽史に刻まれるべきもので、昨今の多くのEDMアーティスト達にも多大なる影響を齎している。ハードダンス期を経て’07年〜’14までTECH DANCEなるハイブリッドな音楽スタイルを提唱、「YOJI」として音楽的探究を続け、アップデートを繰り返した後、氏のアイデンティティは再びビッグルームなサウンドへと回帰。’15、満を持してYOJI BIOMEHANIKAとして再起動。金字塔的2ndアルバム『Tales From The Big Room』以来11年振りとなる3rdアルバム『Chapter xX』を発表。氏の新たなる伝説のアップデートはまだ始まったばかりである。
Facebook : https://www.facebook.com/yojiofficial
Twitter : https://twitter.com/yojidotdj
Soundcloud : https://soundcloud.com/yojibiomehanika

Resident – REMO-CON

アーティスト活動11年目を迎え、自身のレーベル「rtrax」を昨年立ち上げたREMO-CONの歴史は、05年のシングル”G-Sigh”から始まる。 その後”Cold Front”(Anjunabeats/UK) 、”Atavism”(DJ MAG Review ☆9″)といったキラートラックスを次々に発表。 09年には、第一期の集大成とも言える1stアルバム 『a life with remote controllers 』 を、11年にはソロ名義では初となるDJミックスCD 『VIBLE 02 mixed by REMO-CON』 をリリース。その後もシングル”FUZE”がbeatport Hard Dance チャート1位を、2ndアルバム『rhetoric』がオリコン初登場13位をそれぞれ獲得し、活動10周年にはその記念碑的な作品”DECADE 05-15″を発表。さらにクリエイターとしてもSINDEN 、Alex Kenjiなどの海外勢から浜崎あゆみ、AAAなど国内勢まで多くのアーティストの楽曲アレンジやリミックスを担当している。
また、DJとしては93年より活動し、2001年には velfarre「Cyber TRANCE」にレギュラーとして参加。その知名度を確立する。その後も日本各地は勿論、イギリス、カナダ、オーストラリアなど世界各国にてプレイ。さらに09年にはオランダの大型のフェス”Dance Valley”に、12年には”SUMMER SONIC”に出演。そのソリッドながらバラエティに富んだプレイスタイルは高く評価されており、 国内DJランキング 「DJ 50/50」 においては3位→2位→3位と上位をキープ。新たなる試みとして自身がホストを務めるラジオDJライブ『Remote Control』(block FM)や『Friday Night Hot Mix』(FMヨコハマ)も好評を博し、いまや国内のみならず海外にもその名を馳せるマスターピースの活動は、ダンスシーンの明日をも担っているといえるだろう。
Facebook : https://www.facebook.com/remocon.dj
Twitter : https://twitter.com/REMOccCON
Soundcloud : https://soundcloud.com/remocon

PAGE TOP